中辻金型工業株式会社 > 事例紹介 > デジタルモールド > デジタルモールドのメリット<素材検証ができます>

デジタルモールドのメリット<素材検証ができます>

デジタルモールドプレスでテストしてるカーボディですが今回、
1/13~15に開催された自動車部品加工EXPOに合わせて6倍サイズを作って
テストしました。

しわ押えなどがない業界で言う「バカ押し」の金型です。
6倍サイズになるとかなり大きいですね。
今回は150tプレスでテストしました。

デジタルモールドの特徴ですが板厚がある程度おなじであれば
違う素材でもプレスできるというところです。
素材によって性質が違うので形状が精密に出ているとは言えませんが
設計段階で素材選びをする際にはご活用いただけるのではないかと思われます。

今回は

SPC270 t=1.6
SPC440 t=1.4
SPC980 t=1.6
SUS430 t=1.5
A5052 t=1.5

この5種類をテストしました。

素材の動きや特性が良く見える結果になりました。
このテストは展示会で配布しておりましたカーボディミニでも行いました。

SUS304 t=0.5

A1050 t=0.5

SECC t=0.5

C1100 t=0.5

別の素材、もしくは板厚が少しでも違う、そんな製品を同じ金型でプレスすることは
金属型ではないことでした。
デジタルモールドだからできる検証ですね。

デジタルモールドミニは測定検証しています。
実は面白い結果が出ています。
続きは後日・・・・・

お問い合わせはこちら
n-info@nkk-24.co.jp