header_top_1010.pngheader_top_1010.png

index_banner_yurari.pngindex_banner_yurari.pngspace10.pngindex_banner_em2.pngindex_banner_em2.png

page_parts_150716-90.png

2016年8月9日

2016-05-30 09.55.20

みなものおさらをプレス加工しています。

加工材はステンレス、SUS304を使用しています。
材料の厚みは1ミリ。

加工工程は
鏡面仕上げ → レーザー加工 → プレス加工 1工程
となっています。

この製品の大きな特徴は2つです。

①鏡面加工材料をプレス加工していますがキズが発生していないこと
②みなもの模様をプレスして歪、そりが発生していないこと

そしてよく見ると成形後の外形変形が非常に少ないことがわかります。

2016-05-30 09.55.202016-05-30 09.55.51

2016-06-03 08.11.512016-06-03 08.11.56

2016年8月9日

IMG_5168-1

6月に開催されました設計製造ソリューション展にて展示致しました順送型です。
9種類のパーツを実際にプレスして製品形状を見るため、成形部分をデジタルABSを使った入れ子パーツにしています。

IMG_5168-12016-05-25 15.55.12

2016-05-25 18.37.05-12016-05-25 18.38.52-1

2016-05-25 18.40.06-1

2016年1月27日

ayagi_aw2016_ssys160115_fig05

3Dプリンタ製の樹脂金型が自動車製造を革新!? ハイテン材のプレス加工も。
という題名でデジタルモールドを掲載いただきました。

http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1601/15/news107.html

ayagi_aw2016_ssys160115_fig01

ayagi_aw2016_ssys160115_fig05

2016年1月27日

2016-01-11 11.47.05

デジタルモールドプレスでテストしてるカーボディですが今回、
1/13~15に開催された自動車部品加工EXPOに合わせて6倍サイズを作って
テストしました。

IMG_4250

しわ押えなどがない業界で言う「バカ押し」の金型です。
6倍サイズになるとかなり大きいですね。
今回は150tプレスでテストしました。

デジタルモールドの特徴ですが板厚がある程度おなじであれば
違う素材でもプレスできるというところです。
素材によって性質が違うので形状が精密に出ているとは言えませんが
設計段階で素材選びをする際にはご活用いただけるのではないかと思われます。

今回は

SPC270 t=1.6
SPC440 t=1.4
SPC980 t=1.6
SUS430 t=1.5
A5052 t=1.5

この5種類をテストしました。

2016-01-11 11.47.05

素材の動きや特性が良く見える結果になりました。
このテストは展示会で配布しておりましたカーボディミニでも行いました。

20151018 中辻プレゼン資料 HP用_16

SUS304 t=0.5
_MG_2630

A1050 t=0.5
_MG_2623

SECC t=0.5
2016-01-26 18.23.34

C1100 t=0.5
2016-01-26 18.23.02

別の素材、もしくは板厚が少しでも違う、そんな製品を同じ金型でプレスすることは
金属型ではないことでした。
デジタルモールドだからできる検証ですね。

デジタルモールドミニは測定検証しています。
実は面白い結果が出ています。
続きは後日・・・・・

2015年7月8日

ものづくりワールド2015 設計製造ソリューション展で発表させて
いただきましたデジタルモールドについて。
お問い合わせのご連絡をいただくことが増えてきました。
その中で詳しい資料が欲しいというお声を多数いただいておりますが
実はデジタルモールド®プレスのチャレンジを始めたのが5月です。
そのため資料作成がまだ未完成です。
弊社ホームページ内ではご紹介させていただいておりますのでひとまずは
そちらをご覧いただければと思います。

http://www.nkk-24.co.jp/archives/700

http://www.nkk-24.co.jp/archives/710

取り急ぎ資料作成を進めて参ります。

デジタルモールドの説明をしてほしい!

というお客様がおられましたらご遠慮なくご連絡ください。
お伺いしてご説明させていただくことも可能です。

2015年7月4日

スクリーンショット 2015-07-04 9.21.23

DMSで展示していたデジタルモールドのサンプルを
ミーティングスペースに展示しました。

スクリーンショット 2015-07-04 9.21.23

展示会にお越し頂いた方でも
「もう一回説明してもらえますか?」
と聞かれるデジタルモールド。
お客様のニーズに合わせることができるツールの一つですが

なぜ成形できるの?
3Dプリンター買ったら金型できるってこと?
いくつ成形できるの?
どういうことなの?

などお客様の中では疑問に思われることがまだまだたくさんあるようです。
デジタルモールドはストラタシス・ジャパン、有限会社スワニー、株式会社キャステム
そして当社がお届けするモノづくりする上でみなさまのお役に立てるすごいツールです。
気になる!という方はお気軽にお問い合わせください。

展示会でのデモの様子はこちらです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

デジタルモールド・インジェクション

デジタルモールドメタル

デジタルモールドプレス

2015年6月26日

スクリーンショット 2015-06-26 7.49.11

デジタルモールドでどんな製品ができたかご紹介します。

1つ目はエンボス加工。
六角形のエンボスが無数にあります。
スクリーンショット 2015-06-26 7.48.48
テストしたのは板厚0.5ミリのSECC(鉄)・A1050(アルミ)・SUS304(ステンレス)の
3種類の材料です。
金型は3Dプリンターで造形。3種類とも同じ金型でプレス加工しました。
エンボス加工の特徴は
「反りがない!」
というのが一番大きいですね。デジタルモールドで金型を作ることにより
工具鋼ではできない加工が実現しました。

2つ目は文字の刻印。
スクリーンショット 2015-06-26 7.49.11
当社のロゴを刻印してみました。
漢字なので文字そのものも細かいので非常にやりにくいところですが
3Dプリンターで金型を造形し加工したところこのような仕上がり担っています。

そして3つ目は曲げ加工
スクリーンショット 2015-06-26 7.49.48

アルミ材 板厚1ミリを加工しました。
90度に曲げることができました。
スクリーンショット 2015-06-26 7.49.34

銅 板厚4ミリを加工しました。
こちらも90度に曲げることができています。
スクリーンショット 2015-06-26 7.49.23

曲げ加工の場合、プレス加工できただけではなく多いな特徴の1つに
曲げキズ、ショックラインが一切入らないことがあります。
これはデジタルモールドだからこそできた技ですね。

デジタルモールド@プレスは
「工具鋼にはないスピードと品質でプレス成型を実現します。」

多品種小ロットにこれまでにない納期でお客様に製品をお渡しすることが可能になりました。
「オールツールで20ヶだけ必要なんだけど金型費高いよね?」
「金型作ると時間がかかるよね?」
そういったお客様にはデジタルモールド@プレスがお役に立てると考えています。

数量問わずオールツールでの試作品を必要とされるお客様にご活用いただきたい新しい工法です。

2015年6月25日

スクリーンショット 2015-06-25 7.58.21

お客様のニーズにどうやってお応えするか。
常に創意工夫を基本としてモノづくりをしています。
その中で
「オールツールで試作品が欲しい」「短納期で小ロット対応して欲しい」
というお客様のお声を頻繁にいただくことがありました。
これまでも様々な工法を考え取り組んできましたが今回、新しいアプリケーションを
使い、その声にお応えできるようになりました。

スクリーンショット 2015-06-25 7.56.46

できるわけないを実現。

できるわけがないと言われていた工法にチャレンジし、
新しいプレス金型の作り方を実現しました。

ストラタシス・ジャパン様の3Dプリンター、デジタルABSを採用し
デジタルモールド・プレスという新しいアプリケーションを発表させていただきました。

6月24日〜26日の3日間、東京ビッグサイトで開催されている
モノづくりワールド、設計製造ソリューション展のストラタシス・ジャパン様のブースにて
デジタルモールド・プレスを発表しています。

スクリーンショット 2015-06-25 7.51.01

スクリーンショット 2015-06-25 7.58.21

スクリーンショット 2015-06-25 7.50.36

デジタルモールドは有限会社スワニーの橋爪社長が発案された新しいアプリケーションです。
DMSでは射出成型、メタルインジェクション、プレス板金加工と3社の技術を発表し、展示させていただいております。

詳しくはこちらをごらんください。

http://www.swany-ina.com/dm.html

展示会はあと2日間ございます。ぜひお越しいただき、ご覧ください。

page_top.pngpage_top.png

side_contact.pngside_contact.png

index_parts_150618-91.pngindex_parts_150618-91.png
index_parts_150618-92.pngindex_parts_150618-92.png
index_parts_150618-93.pngindex_parts_150618-93.png
index_parts_150618-94.pngindex_parts_150618-94.png
side_solution.pngside_solution.png
side_solution_kanagata.pngside_solution_kanagata.png
side_solution_kakou.pngside_solution_kakou.png
side_solution_hinshitsu.pngside_solution_hinshitsu.png
side_solution_end.pngside_solution_end.png
side_performance.pngside_performance.png
side_performance_kanagata.pngside_performance_kanagata.png
side_performance_kikaikakou.pngside_performance_kikaikakou.png
side_performance_bankin.pngside_performance_bankin.png
side_performance_2jikakou.pngside_performance_2jikakou.png
side_performance_design.pngside_performance_design.png
side_about.pngside_about.png
side_about_dekiru.pngside_about_dekiru.png
side_about_rinen.pngside_about_rinen.png
side_about_gaiyou.pngside_about_gaiyou.png
side_order.pngside_order.png
side_order_kanagata.pngside_order_kanagata.png
side_order_shisaku.pngside_order_shisaku.png
side_order_ordermade.pngside_order_ordermade.png
side_order_other.pngside_order_other.png
side_blog.pngside_blog.png
side_3s.pngside_3s.png
side_equipment.pngside_equipment.png
side_seminar.pngside_seminar.png
side_recruit.pngside_recruit.png
side_media.pngside_media.png
side_faq.pngside_faq.png

side_blank.png
side_calender_title.png

AEC v1.0.4

side_sns.png
side_tw.pngside_tw.png
side_fb.pngside_fb.png
side_blank.png


side_blank.png
side_suiyou.pngside_suiyou.png
side_blank.png
side_toyachinblog.pngside_toyachinblog.png
side_blank.png
factoreuse_ban_s.pngfactoreuse_ban_s.png
side_blank.png
side_enjoymono.pngside_enjoymono.png
side_blank.png
side_iso.png