事例紹介カテゴリー: デジタルモールド

デジタルモールドプレス 活用事例「イグザイントミカ」

クロスエンジニアリングプロジェクト第2弾

イグザイントミカの製作でデジタルモールドプレスも活用されました。
このプロジェクトではわずか3週間で100台のトミカを作るという
これまでにない短期間での製品作りにチャレンジししています。
デジタルモールド(3Dプリント樹脂型)を使うことで量産でも販売できるレベルの
商品を短納期で製作しました。

中でも当社がデジタルモールドプレスで製作させていただいたのはホイル部分。
これまでのトミカには金属でできたホイルをつけている商品はありませんでした。
今回が初の試み。

プロジェクトがスタートしてから数日後、当社に10種類のデザインデータが届きました。
そしてタカラトミーさんからのご依頼はこうでした。

「10種類とも量産と同じ条件の製品を見てからどのデザインを採用するか決める」

形状データを確認しましたが金属型だと金額も高額に。。。
そして何よりそんな納期で作ることができない。。。

ということでデジタルモールドでの製作をスタートしました。

出来上がった金型はこちら。

素材はアルミのA1050を使っています。
ホイルパーツを10種類作るということで形状成形部分のみを
デジタルモールドにしました。
このパーツを10種類作って入れ替え式にしてプレス加工しています。

<デジタルモールド活用ポイント>
1.最短1週間以内に量産と同じ素材のプレス製品を確認することができる。
2.成形部分のみをデジタルモールドにすることで10種類作っても試作費用が金属型の1/3程度に抑えられる。
3.プレストライ後の修正がない。

 

ストラタシスジャパン様のサイトでも動画が掲載されています。
ぜひご覧下さいませ。
ストラタシスジャパンサイト

「デジタルモールド2」at 設計製造ソリューション展

6/21~6/23の3日間開催された設計製造ソリューション展。
ソリューションパートナーとしてストラタシスジャパン様のブースにて
デジタルモールドプレスの製品をご紹介させていただきました。

今年のDMSはいつにも増して来場者が非常に多く、3日間の来場者数が88,554だったそうです。

ストラタシスジャパン様のブースは連日このような状態でした。

オープンから終了まで切れ目がなく、多くの方々がブースに来られていました。
ブースでは有限会社スワニーの橋爪社長がデモで「デジタルモールド2」をご紹介。
2016年日経優秀製品・サービス賞 最優秀賞を受賞したデジタルモールド。
インジェクション・プレス・メタルとデジタルモールドを使った最新事例・実演を
皆様にお伝えしていました。

そして当社ではプレスの事例を展示させていただきました。

今回の事例は2パターンありました。
1つはプレス金型製作における試作活用。
もう1つはデジタルモールドだからこそ実現できるプレス加工。
どちらもプレス加工の新しい画期的ツールになる事例です。

この2つの事例。
ブースにお越しいただきました皆様にはご紹介させていただきましたが
残念ながらご覧いただけなかった皆様もいらっしゃいますので
この後、ブログにて事例紹介を順次させていただきます。

まずは3日間、ブースにお越しくださいました皆様、お名刺交換させていただきました皆様、
ありがとうございました。心より感謝申し上げます。

6/21〜6/23設計製造ソリューション展にて展示します。

デジタルモールドの特性を活かすことで
穴あけ、絞り、ヘミングの3工程を1工程で加工。
社内のベテランスタッフでも理解できないと
言ってしまうほど、プレス金型の固定概念を無くした
設計の金型でiPhoneケースのプロトを作りました。
そしてデジタルモールドだからできたテクスチャプレート。
金属に木目を表現しています。
明日から東京ビックサイトにて開催される
設計製造ソリューション展、ストラタシスブースにて
製品展示させていただきます。
サンプルもお渡しできますのでぜひぜひ見に
来てみてくださいね^ ^
ストラタシスブース
ブース番号:東1ホール 41-6

デジタルモールド みなものおさら 動画

みなものおさらをプレス加工しています。

加工材はステンレス、SUS304を使用しています。
材料の厚みは1ミリ。

加工工程は
鏡面仕上げ → レーザー加工 → プレス加工 1工程
となっています。

この製品の大きな特徴は2つです。

①鏡面加工材料をプレス加工していますがキズが発生していないこと
②みなもの模様をプレスして歪、そりが発生していないこと

そしてよく見ると成形後の外形変形が非常に少ないことがわかります。

デジタルモールド 順送型 動画

6月に開催されました設計製造ソリューション展にて展示致しました順送型です。
9種類のパーツを実際にプレスして製品形状を見るため、成形部分をデジタルABSを使った入れ子パーツにしています。