header_top_1010.pngheader_top_1010.png

index_banner_yurari.pngindex_banner_yurari.pngspace10.pngindex_banner_em2.pngindex_banner_em2.png

2016年10月31日

こんばんは、尾上です。

本日はプレス部門でプレス加工の生産を行いました。

本日加工を行った中で面押しの加工を行いました。
本日は面押しについて書こうと思います。

面押しは 抜き・切断 等で出来たカエリなどの角をフラットに押し込む加工です。

カエリが出ている部分などに使われる事から、
人が触れるような部分などに加工が施される事の多い加工です。

逆に平押しと言う加工もあり
加工を行う事で起きてしまう反りを戻し、平くする加工です。

スプリングバックと言う現象があり、
これは、加工で曲げたものが元の形に戻ろうとし少しだけ開いてしまう現象です。
平押しや、曲げ の金型などはこれを考慮して作ります。

それでは本日はこの辺で!

2016年10月28日

こんばんは、尾上です。

本日はプレス部門でプレス加工の生産と段取りを行いました。

ダイクッションのある金型は、ベッドにピンを入れて
エアーの力でクッションを下から支えているようなイメージなのですが

横から見るとこんな感じです。
image

このピンの寸法をどうやって出しているかと言うと
プレス機とマクラの高さをたした寸法から、クッションの寸法を引いた長さ
になります。

この時に誤差の許容値はあるものの、
少し間があくような気持ちで寸法をとる事で、万が一
高くし過ぎてエアーを入れた時に下から金型を突き上げてしまい故障させたり
金型が倒れてくる様な危険性を未然に防げます。

それでは本日はこの辺で!

2016年10月26日

こんばんは、尾上です。

本日はプレス部門でプレス加工の生産補助を行いました。

本日は金型部門の方がトライでプレス機を使う予定だったり等で
先輩方から金型をプレス機から外すのを任せてもらえました。

なので、本日はプレス機から金型を外す一連を書こうと思います。

・まず、プレス機で下死点より少し過ぎた部分までおろします。

・次に上型のみ外します。
(この時に下型は
(そのままか、緩める程度にしておきます どちらでも構いません)

・上死点まで型が外れている事を確認しながらゆっくりと上げます。
(シャンクの場合は、外れていない可能性もあるので注意です。)

・下型を外します。

それでは本日はこの辺で!

2016年10月25日

こんばんは、尾上です。

本日はプレス部門でプレス加工と生産補助を行いました。

本日は昨日と同じ製品のプレス加工を行っており
穴割の続きの工程を行っておりました。

フチキリと言う加工で名前通りフチを切断するのですが、
本来なら初めの工程で外形抜きなどを行っているのに
何故もう1度加工を行うのか?

と、思いますよね。

これは、絞り加工を行うと角のキツい部分などはシワが出来てしまいます。

その時に出来たシワはプレスで加工されているのでフチのシワが
そのまま押し潰されて、フチの部分がボコボコになって出来上がります。

なので、そのボコボコの部分を切断し綺麗に整えています。

それでは本日はこの辺で!

2016年10月24日

こんばんは、尾上です。

本日はプレス部門でプレス加工の生産補助と段取り、生産を行いました。

本日行った加工で「穴割」と言う加工があり
自分が穴割のプレス加工を行ったのは初めてだったので、
本日はそちらについて書こうと思います。

対角の形で2つの製品が必要な時に 製品を1つにまとめた状態で加工し、
必要な部分で切断し、対角の形の製品2つを同時に生産する事が出来ます。

久しぶりに参考画像をかいてみました。
image

今回は穴割なので、同時に穴あけの加工もしております!

この加工法で2回行わなければならなかった加工が1回で済み、
時間短縮にも繋がりますね!

それでは本日はこの辺で!

2016年10月20日

こんばんは、尾上です。

本日は板金部門でバリ取り機を使った加工を行いました。

板金部門で加工を行っても、朝昼と夕方にはプレス場へ1度戻るのですが

プレス場へ戻った時、昨日加工を行っていたものと全く違う板厚で
切断、穴あけ、コンパウンドなどの加工を行っており

板厚が厚いのと、薄いのでは 金型の切断のクリアランス(隙間)は違うのか
が気になったので聞いてみました。

板厚が厚いと、クリアランスは広く
板厚が薄いと、クリアランスは狭く なるそうです。

切断する時にカエリが出ますが
大まかに言うと切り千切りながら切断しているのでカエリが出ます
なので、板厚によって幅が変わってくるので、
クリアランスも変えなければいけないそうです。

それでは本日はこの辺で!

2016年10月19日

こんばんは、尾上です。

本日はプレス部門でプレス加工の生産と
板金部門でバリ取り機を使った加工を行いました。

本日プレス加工を行った製品は、
穴あけ加工を行ったので、そちらについて書こうと思います。

今まで穴あけ加工を行ってきた製品は、その穴に丸棒が通る製品だったり
ボルトなどで固定する為の穴だったりする事が多かったのですが

今回穴あけ加工したものは、吊るし穴といい

この品物のプレス加工が終わった後に、塗装されるのですが
塗装する時に 塗料を乾かす為に製品を吊るす用の穴になります。

全て同じように乾かす為にも、どこでも良いわけではなく
全て同じ方向の位置に穴あけ加工を行います。

そうする事で製品1つ1つをおなじように塗装出来ます。

それでは本日はこの辺で!

2016年10月18日

こんばんは、尾上です。

本日はプレス部門でプレス部門の生産補助と生産を行いました。

いつも、様々な加工を行っているプレスですが
プレスで加工された品物は何かのパーツになるものが多く

製品にもよりますが、
プレス部門で加工された様々な品物を1つの製品のパーツとし
2次加工などを施したものを、社内で組み立てる事もあります。

この前、私もその組み立てを行いました。

その時に使用したのが、リベットと呼ばれる
カシメを行うとカシメたモノが取れなくなる部品です。

そのリベットにカエリなどが決まった位置、方向でセットし
カシメを行う加工者の方が取りやすいように並べておきました。

プレス加工の補助とどこか似ていたので行いやすかったです。

それでは本日はこの辺で!

2016年10月7日

こんばんは、尾上です。

本日は板金部門で出荷準備、プレス部門で3Sを行いました。

本日は出荷準備を行ったのでそちらを書こうと思います。

今回は梱包を行ったのですが、プレスで生産し塗装を行った後
検査していき、梱包しておりました。

プレスで生産を行っており、定期的に出荷させていただいているので
梱包の仕方や製品の並べ方、1梱包の製品の数などの詳細を書いたものがあり
コレを確認して梱包すると統一され誰でも行えるようになっています。

私も今回はそちらを見ながら梱包いたしました。

また、今回は検査 塗装の表面の確認やタップの確認として
ネジを1つ1つ通して確認しておりました。

なので検査を行う人、梱包する人に分かれて
より早く梱包出来るように行いました。

それでは本日はこの辺で!

2016年10月5日

こんばんは、尾上です。

本日はプレス部門でプレス加工の生産補助を行いました。

本日加工を行った品物は
普段からよく加工させていただいてる品物で

お世話になっている材料屋さんから材料を頂き加工しています。

普段はそんな事ないのですが、今回は切断面の小さな突起が多くみられ
突起がついた状態だとプレス加工を行う事が出来ないので

以前紹介したヤスリでとっていたのですが

サンダーを使った方が早いと言う意見が出たので
途中からサンダーに変更し、加工スピードを少しでも
元の本来の早さに戻すようにしつつ加工を行いました。

急な出来事でしたが、サンダーの扱い方を知っていたりなど
今まで行ってきた事が今回の出来事に生かされたと思います。

それでは本日はこの辺で!

page_top.pngpage_top.png

side_contact.pngside_contact.png

index_parts_150618-90.pngindex_parts_150618-90.png
index_parts_150618-92.pngindex_parts_150618-92.png
index_parts_150618-93.pngindex_parts_150618-93.png
index_parts_150618-94.pngindex_parts_150618-94.png
side_solution.pngside_solution.png
side_solution_kanagata.pngside_solution_kanagata.png
side_solution_kakou.pngside_solution_kakou.png
side_solution_hinshitsu.pngside_solution_hinshitsu.png
side_solution_end.pngside_solution_end.png
side_performance.pngside_performance.png
side_performance_kanagata.pngside_performance_kanagata.png
side_performance_kikaikakou.pngside_performance_kikaikakou.png
side_performance_bankin.pngside_performance_bankin.png
side_performance_2jikakou.pngside_performance_2jikakou.png
side_performance_design.pngside_performance_design.png
side_about.pngside_about.png
side_about_dekiru.pngside_about_dekiru.png
side_about_rinen.pngside_about_rinen.png
side_about_gaiyou.pngside_about_gaiyou.png
side_order.pngside_order.png
side_order_kanagata.pngside_order_kanagata.png
side_order_shisaku.pngside_order_shisaku.png
side_order_ordermade.pngside_order_ordermade.png
side_order_other.pngside_order_other.png
side_blog.pngside_blog.png
side_3s.pngside_3s.png
side_equipment.pngside_equipment.png
side_seminar.pngside_seminar.png
side_recruit.pngside_recruit.png
side_media.pngside_media.png
side_faq.pngside_faq.png

side_blank.png
side_calender_title.png

AEC v1.0.4

side_sns.png
side_tw.pngside_tw.png
side_fb.pngside_fb.png
side_blank.png


side_blank.png
side_suiyou.pngside_suiyou.png
side_blank.png
side_toyachinblog.pngside_toyachinblog.png
side_blank.png
factoreuse_ban_s.pngfactoreuse_ban_s.png
side_blank.png
side_enjoymono.pngside_enjoymono.png
side_blank.png
side_iso.png