header_top_1010.pngheader_top_1010.png

index_banner_yurari.pngindex_banner_yurari.pngspace10.pngindex_banner_em2.pngindex_banner_em2.png

2017年1月20日

長年お取引させていただいているお客様の金型管理について、
生産管理システムとの整合を図るため
先ずはプレス部門で保管している金型を精査してきました。

ところが比較的製造時期が数十年経過したものが多く、
近年のものであれば確実に管理しているものも、
複数の種類の製品を1つの金型でワークのセット方法により共用するもの等もあり、
まだ素人の私には金型に記載している情報だけではとても現物との整合が図れないので、
とにかく保管している棚の配置から金型記載の情報まで目視したままの情報と、
1点ごとの静止画を記録し、社内の人間に確認していく事にしました。

本日は他業務の合間に行っていたため一覧表を作成するに留まりましたが、
プレス部門以外の場所で管理している金型も同様に現物を1点ずつ確認し、
一覧表を作成した後に、管理システムとの整合を図る必要がありそうです。

画像で示せないのは残念ですが、金型は保管されている状態ですと
パンチとダイが密着しているので、側面から目視してもどのような金型であるか
把握できないものがほとんどです。

まだまだ経験と知識が不足しておりますが、誰が管理システムにアクセスしても
齟齬が生じないようにする為にも重要な業務です。

2016年10月7日

こんばんは、尾上です。

本日は板金部門で出荷準備、プレス部門で3Sを行いました。

本日は出荷準備を行ったのでそちらを書こうと思います。

今回は梱包を行ったのですが、プレスで生産し塗装を行った後
検査していき、梱包しておりました。

プレスで生産を行っており、定期的に出荷させていただいているので
梱包の仕方や製品の並べ方、1梱包の製品の数などの詳細を書いたものがあり
コレを確認して梱包すると統一され誰でも行えるようになっています。

私も今回はそちらを見ながら梱包いたしました。

また、今回は検査 塗装の表面の確認やタップの確認として
ネジを1つ1つ通して確認しておりました。

なので検査を行う人、梱包する人に分かれて
より早く梱包出来るように行いました。

それでは本日はこの辺で!

2016年9月21日

こんばんは、尾上です。

本日はプレス部門でプレス加工の生産と生産補助
板金部門でエアー吹きを行いました。

本日は以前書きました ✳︎ 表面の修正 ✳︎ で
以前とは違う事も行いましたので書いていこうと思います。

使った道具は前回と同じ サンダーなのですが
製品に穴あけの加工が施されており バリが出ておりました
ので、バリ取りも同時に行いました。

あと、別の品物を溶接でくっつけており溶接で出来た凹凸面を
ならした状態だったのですが、切り替わりの部分などは
どうしてもきわどい部分なのでほんの少しだけ
フラットになっていない事がごく稀にあるのでそちらも同時に行いました。

これを行う事で、前回も言いましたように仕上がりがとても綺麗になります。
ほんの少しのヘコみで変わってきますのでしっかり確認します。

それでは本日はこの辺で!

2016年8月10日

こんばんは、尾上です。

本日は板金部門で表面のキズやダコンを修正した後
プレス部門でプレス加工をしました。

本日板金部門で行ったキズやダコンの修正は何故行うのかと言うと
修正を行った後に溶接し、最終的な形に仕上げた後 塗装をするからです。

塗装は凄く繊細で、塗料のノリ具合などでも出来上がりが全く変わってきます。

例えば
切ったような深いキズがあったとして、
塗料を薄くすればキズが浮き出できますし
塗料を厚くすればキズの部分が埋もれたりする事もあれば
小さい跡が出来たりもするそうです。

他にも、表面がほんの少し角ばっているだけでも
角ばった形の通りに浮き出でしまい なめらかな表面にはならないそうです。

プレス加工で確認するキズなどと着眼点が違い
大変繊細で細やかな作業でとても勉強になりました。

それでは本日はこの辺で!

2016年8月5日

こんばんは、尾上です。

本日はプレス部門でプレス加工の生産と補助をしました。

本日は急ぎのものが多く、プレスしたり補助をしたりと
切り替わりの多い1日となりました。
今回は補助の大切さについて改めて感じさせられる
1日となりましたので補助について書こうと思います。

補助は いかにプレスを行う人にプレス以外をさせないか になってきます。

何度もプレス加工をして出来上がる製品などは
2工程目(2回目の加工)以降はほとんど決まった向き・位置でないと
プレスが出来ないようになっています。

なので、いかに加工者が持ちやすくプレスしやすい方向に
加工物を置くかによって加工スピードが左右されます。

ほかにも出来そうであれば、手渡しで加工物を渡す事もあります。

そうする事で加工者の動きがプレスに集中するので加工者としても大変助かります。

また、加工した物を置いていくスペースも加工物がたまってからではなく
出来るだけ加工した物がない状態にする事で、加工物と加工物が
当たる事を想定しなくて良いので次の動きへスムーズに体を動かす事が出来ます。

私も本日は大変助けられました。

それでは本日はこの辺で!

2016年6月4日

本日は快晴のような天気で風も少し強く夏のような気持ちの良い天気でしたね!

こんばんは、尾上です。

本日は、プレス部門でプレス加工の生産補助と金型取り付け補助のお仕事をしました。

本日は金型を取り付ける時に使用する道具類を書こうと思います。

-Tスロット-
 プレス機と金型を繋げる為の道具でT型の鉄製のブロックで
 Tの字を逆にした部分の真ん中にネジ穴が開いています。
 ベッド(プレス機の金型を置く部分)に逆T型に穴があいており そこにはめ込みます。

-スタッドボルト-
 Tスロットのネジ穴に入れる物です。

-おさえ金-
 Tスロットにスタッドボルトを入れた状態のものに入れます。

-ブロック-
-ジャッキ-
 金型におさえ金を挟んだ状態の時金型の反対側に置きます。
 そうする事でおさえ金が平行になり
 ボルトを締めた時におさえ金が斜めになる事を防ぎ効率も安全性も上がります。

金型を取り付けた時の状態で写真を撮ってみたのでどれがどの道具かあてはめてみて下さい!
黄色ものが金型になります。
お勉強 ブログ_666

それでは本日はこの辺で!

2016年5月21日

最近晴れの日が続いており、だんだん月が
満ちてゆくのを眺められるのが最近の楽しみです。

こんばんは、尾上です。

本日はプレス部門でプレス加工の生産補助と前段取りのお仕事をしました。

以前のブログにも書いたように 発注から納品までの説明はしてもらっていました。
そして一連についてやっと触れることが出来、実感出来ましたので
今回は発注から納品までの流れについて書きます。

まず初めに「締め日」を決めておき、発注をする側・される側で支払いについて話しておきます。
今回は発注をする側が[会社]で、される側が[材料屋さん]とします。

     [会社]                 [材料屋さん]

欲しい品について詳しく書いた        「発注書」をもらい
「発注書」(大きさや個数等)を2枚      → 発注を受けた数の品を手配します。
1枚は控え1枚は材料屋さんへ

発注した品と一緒に              手配した品を「納品書」「受領書」
「納品書」「受領書」が送られる。     ← と一緒に持っていきます。
セットになったもので           
納品書には何が送られてきたか書いており
発注した品と一緒にもらいます。

品が発注通りだと「受領書」        → 品を渡した証拠として「受領書」
に確認の受領印を押します。            を持ち帰ります。

品が発注通りの材料(大きさ・数)か
確認し「発注書」に印をおします。

そして届いた材料を加工していきます。

書面を用意する事によりおこりやすいミス等を未然に防げるんですね!

私は納品書を確認し受領印を押す所までを行いました。
勿論笑顔で挨拶をする事を意識して!

それでは本日はこの辺で。

2016年4月18日

本日も晴れていて良い天気でしたね!
当社は金型のお仕事は作るだけでは終わりません。
勿論ですよね でも、製品が出来てから発送までの間って…?

今回は その発送と梱包についてです!

製品には様々な形があります。
真四角の物や T字の物から 流線型なものまで…
今回は、薄めの板のようなものと長方形の先に消しゴムくらいの突起がある製品を梱包~発送まで
させていただきました。

1.まず製品を梱包用のビニール袋に入れます。
 そして 油を霧吹きで吹き入れます!(錆びないようにする為)

2.空気を逃がしながら閉じたら 梱包材 いわゆるプチプチです。(笑)
 カドや尖った箇所を守るように包み 梱包用に用意しているテープで引っ張りながら物の周りを1周させながら止めます。

3.四隅や出っ張っている箇所にもテープを1周させます。

4.テトリスのように隙間がなるべくないように箱に詰めていきます。

空きがあれば新聞紙や緩衝剤等でぎっしりと埋めます!
何故 緩衝剤があるのにぎっしり詰めるかというと、鉄は重いので強い衝撃などで
箱内部で動いてしまい 傷や 歪み などの原因になってしまうそうです。

後は封を閉じたら伝票を貼って配達屋さんを待つのみです!

最後に梱包用に用意しているテープの写真です。(笑)
指を切りやすく危ないので注意が必要です。
S__10330160

それではまた次回~!

page_top.pngpage_top.png

side_contact.pngside_contact.png

index_parts_150618-90.pngindex_parts_150618-90.png
index_parts_150618-92.pngindex_parts_150618-92.png
index_parts_150618-93.pngindex_parts_150618-93.png
index_parts_150618-94.pngindex_parts_150618-94.png
side_solution.pngside_solution.png
side_solution_kanagata.pngside_solution_kanagata.png
side_solution_kakou.pngside_solution_kakou.png
side_solution_hinshitsu.pngside_solution_hinshitsu.png
side_solution_end.pngside_solution_end.png
side_performance.pngside_performance.png
side_performance_kanagata.pngside_performance_kanagata.png
side_performance_kikaikakou.pngside_performance_kikaikakou.png
side_performance_bankin.pngside_performance_bankin.png
side_performance_2jikakou.pngside_performance_2jikakou.png
side_performance_design.pngside_performance_design.png
side_about.pngside_about.png
side_about_dekiru.pngside_about_dekiru.png
side_about_rinen.pngside_about_rinen.png
side_about_gaiyou.pngside_about_gaiyou.png
side_order.pngside_order.png
side_order_kanagata.pngside_order_kanagata.png
side_order_shisaku.pngside_order_shisaku.png
side_order_ordermade.pngside_order_ordermade.png
side_order_other.pngside_order_other.png
side_blog.pngside_blog.png
side_3s.pngside_3s.png
side_equipment.pngside_equipment.png
side_seminar.pngside_seminar.png
side_recruit.pngside_recruit.png
side_media.pngside_media.png
side_faq.pngside_faq.png

side_blank.png
side_calender_title.png

AEC v1.0.4

side_sns.png
side_tw.pngside_tw.png
side_fb.pngside_fb.png
side_blank.png


side_blank.png
side_suiyou.pngside_suiyou.png
side_blank.png
side_toyachinblog.pngside_toyachinblog.png
side_blank.png
factoreuse_ban_s.pngfactoreuse_ban_s.png
side_blank.png
side_enjoymono.pngside_enjoymono.png
side_blank.png
side_iso.png