header_top_1010.pngheader_top_1010.png

index_banner_yurari.pngindex_banner_yurari.pngspace10.pngindex_banner_em2.pngindex_banner_em2.png

金型管理

2017年1月20日

長年お取引させていただいているお客様の金型管理について、
生産管理システムとの整合を図るため
先ずはプレス部門で保管している金型を精査してきました。

ところが比較的製造時期が数十年経過したものが多く、
近年のものであれば確実に管理しているものも、
複数の種類の製品を1つの金型でワークのセット方法により共用するもの等もあり、
まだ素人の私には金型に記載している情報だけではとても現物との整合が図れないので、
とにかく保管している棚の配置から金型記載の情報まで目視したままの情報と、
1点ごとの静止画を記録し、社内の人間に確認していく事にしました。

本日は他業務の合間に行っていたため一覧表を作成するに留まりましたが、
プレス部門以外の場所で管理している金型も同様に現物を1点ずつ確認し、
一覧表を作成した後に、管理システムとの整合を図る必要がありそうです。

画像で示せないのは残念ですが、金型は保管されている状態ですと
パンチとダイが密着しているので、側面から目視してもどのような金型であるか
把握できないものがほとんどです。

まだまだ経験と知識が不足しておりますが、誰が管理システムにアクセスしても
齟齬が生じないようにする為にも重要な業務です。